vector3購入

tacx neoとzwiftでローラー生活を始めてから半年が経ちました。 栗村さんの本で言うところの犬型の私は完全にデータがモチベーションです(速くなったとは言っていない)

栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング

栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング

シーズンインもすることですし、登れる人になりたい私は実走用にパワーメーターを導入することにしました。 最初に考えたのは4iiiのPodiiiiumPioneerのペダリングモニターセンサーでしたが、どちらもクランク交換が必要です。

4iiii.com

pioneer-cyclesports.com

丁度アルテグラが8000系にモデルチェンジしたので、そちらに交換しつつなどと考えていたのですが、5800→8000ではFDも交換しないといけなさそうということを知り躊躇。

私の性格上ここで8000にすると無駄に電動とかにしたくなる…というか、実際費用計算までしました。結果断念することが出来るレベルで予算オーバーになって良かったと言えば良かったのですが。

 

 次に候補に考えたのがガーミンのvector3。

www.garmin.co.jp

こちらはペダル式なのでお手軽簡単です。値段はクランク式と大差ないですが交換はペダルレンチ一本なので取り付けの費用や手間はかかりません。

海外通販も検討しましたが、価格差がそれ程大きくなかったので、何かあった時のことも考えポイントが付く楽天で購入。

f:id:asphodel-sr:20180501080925j:plain

箱、高級感ありますね。

f:id:asphodel-sr:20180501081041j:plain

中身はペダル、クリート、保証書など。

f:id:asphodel-sr:20180501081248j:plain

取り付けてみました。

f:id:asphodel-sr:20180501081452j:plain

クリートはLOOKのKeoタイプです。

元々SPD-SLを使っていたのですが、別にクリートにこだわりはないのでLOOKでもOKです。ただこの赤クリート、フローティングがちょっとありすぎるので灰色に変えようかなとは思います。

 

設定はモバイルアプリから行いますが、私が購入した時点(2018年3月上旬)ではアプリからの設定が行えないという困った状態になっておりました(バージョンアップで対応)。

そのせいで出費が増えるわけですが…。

 

更にレビューや海外フォーラムでも見かける不具合に見舞われました。

画像はないのですが、ライド中に右ペダルロスト複数回→電池に依るところが大きいとの話です。ひとまず電池を交換したところ、直近100kmでは発生しなくなりましたが、電池蓋設計の問題もありそうとのこと。

 

f:id:asphodel-sr:20180501081929j:plain

そして、人外の出力手に入れました!!

私の体重から計算すると約630倍!

 

正直なところ購入を検討している人は様子見したほうがいいとは思います…

 

が、概ね使えてはいるので一応いいところも。

ヒルクライムのペース把握が楽になった

心拍が上限付近になってしまうとペースがわからなくなっていたので、パワーで管理できるのはすごく楽です。もう少し踏んでもつのか、オーバーペースだから緩めたほうがいいのか判断できます。

ペダリングが意識できる

pioneerほどではににしろ解析ができます(後の出費につながるわけですが)

フォームやペダリングを実走で意識しやすいので登りの走り方を見直すいいきっかけになりました。

・ペダルなので交換可能

仮に修理等になっても交換は楽。電池蓋の問題なら蓋の部分だけ変えられれば解決しそう。