少しだけスマートホーム化してみる(設置編)

一先ず音声操作が出来るようになった我が家。

少しだけスマートホーム化してみる(導入編) - Luvit!

設置場所を試行錯誤してみました。

 

Google Home miniの置場所

色々試してみましたが、一長一短です。

  • テーブルの上
    電源から遠く、コードが邪魔
  • TVの前
    TVをつけていると誤認識多め・音が聞こえにくい、キッチンから遠い
  • キッチンカウンターの上
    コードが丸見え、汚れが飛ぶ可能性
  • 壁の棚の上
    まずまずだが部屋の端になってしまう。コードが見えるし、固定にも難あり

 

多くの家庭でコンセントは床付近、部屋の端にあるので、どうしても電源コードが邪魔になってしまいます。

 

理想の設置場所
  1. 電源が確保できる
  2. ケーブルが目立たない
  3. 音声操作、スピーカー聞き取り的になるべく部屋の中央

 

辿り着いたのは天井

我が家で全てを満たすには、天井しかないという結論になりました。

その為に用意したのがこちら


f:id:asphodel-sr:20181107151241j:image

Google Home mini用のウォールマウント(シリコンケース)です。


f:id:asphodel-sr:20181107151431j:image

このように、純正の充電器とケーブルをケースの中に納めることができます。

充電器部分と本体はマグネットで固定する形式ですが、磁力も強めなので逆さまにしても問題なし。

Amazonのレビューではコンセントに直で設置すると「キノコが生えているよう」とか「自重で抜けてくる」等と書かれてますが、天井設置なら気になりませんし、抜け対策も後述のコンセントでOKです。


天井からの電源確保にはダクトレールから給電可能なこちらを使います。 

ダクトレールから電源を取ることで、コンセント問題、ケーブルスッキリしたい問題が解決し、部屋のどこからでも適度に音声が届き、聞こえるように出来ます。

設置してみて


f:id:asphodel-sr:20181107152414j:image


f:id:asphodel-sr:20181107152442j:image

以前使っていたダクトレールは奥の物ですが、梁を回避するために今回はスライド式を選びました。

 

本当はおしゃれなペンダントライトにでも換えたいのですが、予算の都合で今回はここまで。

スマート照明についてはまた後日。