少しだけスマートホーム化してみる(設置編)

一先ず音声操作が出来るようになった我が家。

少しだけスマートホーム化してみる(導入編) - Luvit!

設置場所を試行錯誤してみました。

 

Google Home miniの置場所

色々試してみましたが、一長一短です。

  • テーブルの上
    電源から遠く、コードが邪魔
  • TVの前
    TVをつけていると誤認識多め・音が聞こえにくい、キッチンから遠い
  • キッチンカウンターの上
    コードが丸見え、汚れが飛ぶ可能性
  • 壁の棚の上
    まずまずだが部屋の端になってしまう。コードが見えるし、固定にも難あり

 

多くの家庭でコンセントは床付近、部屋の端にあるので、どうしても電源コードが邪魔になってしまいます。

 

理想の設置場所
  1. 電源が確保できる
  2. ケーブルが目立たない
  3. 音声操作、スピーカー聞き取り的になるべく部屋の中央

 

辿り着いたのは天井

我が家で全てを満たすには、天井しかないという結論になりました。

その為に用意したのがこちら


f:id:asphodel-sr:20181107151241j:image

Google Home mini用のウォールマウント(シリコンケース)です。


f:id:asphodel-sr:20181107151431j:image

このように、純正の充電器とケーブルをケースの中に納めることができます。

充電器部分と本体はマグネットで固定する形式ですが、磁力も強めなので逆さまにしても問題なし。

Amazonのレビューではコンセントに直で設置すると「キノコが生えているよう」とか「自重で抜けてくる」等と書かれてますが、天井設置なら気になりませんし、抜け対策も後述のコンセントでOKです。


天井からの電源確保にはダクトレールから給電可能なこちらを使います。 

ダクトレールから電源を取ることで、コンセント問題、ケーブルスッキリしたい問題が解決し、部屋のどこからでも適度に音声が届き、聞こえるように出来ます。

設置してみて


f:id:asphodel-sr:20181107152414j:image


f:id:asphodel-sr:20181107152442j:image

以前使っていたダクトレールは奥の物ですが、梁を回避するために今回はスライド式を選びました。

 

本当はおしゃれなペンダントライトにでも換えたいのですが、予算の都合で今回はここまで。

スマート照明についてはまた後日。

少しだけスマートホーム化してみる(導入編)

たまには自転車や車以外を。

 

半年ほど前にスマホを機種変更したときのおまけでGoogleHome miniを貰いました。

 

タイヤ交換

タイヤとチューブを交換しました。

今までは定番のGP4000S2とセットでついてきたRACE28を使用。
f:id:asphodel-sr:20180902173433j:image
GP4000S2(23C)は205g、RACE28は105gで合計620gがカタログ重量です。

今回購入したのはこちら、Panaracer Gillar(25C)とvittoria latex inner tubeです。

チューブはsoyoなどと悩みましたが、初ラテックスなのでそこそこ耐久性ありそうな(完全に勘です)ものをチョイス。

それぞれの重量は次の通り。

f:id:asphodel-sr:20180902110513j:image

 

f:id:asphodel-sr:20180902110456j:image

前後合計だと502gなので、115g程軽くなる計算です。

インプレ

最近ホイールも交換したのですが、流石に全ての組み合わせを試す気力と時間がないので、ホイールのみ共通で、タイヤとチューブとをセットで入れ換えました。レビューとしてもまとてな感じになってしまったので、あくまで乗ってみてのフィーリング程度で読んでいただければ。

 

gillar+latexの組み合わせですが、重量の差なのか漕ぎ出しが軽くなりました。

また、ラテックスの特性からか乗り心地がかなり変わりました。

正直チューブの違いなんてわかるわけないと思ってましたが、流石に解るレベルで違います。モッチリというか、路面のギャップを拾っても突き上げ感がソフトです。

チューブレスってこんな感じなんでしょうか、乗ったことないのでわかりませんが。

 

ネガ要素としては、一晩でかなりのエアが抜けます。7.5入れて1日半後には半分強になってました。おそらく半日程度のライドでも行きと帰りでは1bar前後は変わるのではないでしょうか。

また、値段も少しお高め。ただしgillarに関しては国内メーカーなので、値段差がそれほどなく(国内の方が安い?)ガイツーを使わなくてもいいのはメリットでもあるかもしれません。

 

不安要素はタイヤの耐久性でしょうか。

軽さに対してどの程度トレードオフされているのか…この辺は乗り込まないとわからないですが、全体的に変えた価値はあったかなと。

レックマウントにした話

それなりにライドをしているわけですが、貧脚の私のライド記録なんて読んでも面白くないと思うので、書き忘れていた半年くらい前に買ったパーツの紹介でも。

ヒルクライムでパワーが知りたい→そうだvector3にしよう→どうせならペダル効率とかも知りたい→そうだedgeにしようとすっかりgarminの罠にハマった私。

edgeにしたことだしハンドル周りもスッキリしたいとレックマウントに手を出してみました。
f:id:asphodel-sr:20180816224203j:plain

cateye用のマウントを下側に付けられるので、ハンドル周りがスッキリします。

f:id:asphodel-sr:20180816224459j:plain

以上。

…なんのレビューにもなってないのですが、画像が全てです。こんな感じで収めたい方向け。
(フレームサイズしっかりあってなくてステム短めなのがなんとも…)
正直この為にこの値段は高いなーってのが感想ですが、物は悪くないです。
レックマウントはやたら種類が多いのですが、通常のハンドルならType19を選んでおけば大丈夫かと思います。



Vector3続々報

経緯はこちらをご覧下さい。


vector3購入 - Luvit!

 


パワメ続報 - Luvit!

 

やっと時間が出来たので、いつも行く山に行ってきました。

電池はパナソニックの新品SR44(LR44と形は一緒ですが、LRよりも電圧が高いため)に交換。

蓋は規定トルクで締めようと思ったのですが面倒だったので斜めに入らないようにだけ気を付けて適当に…

とりあえず右ロストもスパイクも無し。地味に発生していた左のバランスが常時+10とかになる現象も無くなりました。

f:id:asphodel-sr:20180804074831j:image


f:id:asphodel-sr:20180804074843j:image

これなら大丈夫かな?

 

ついでに、ガーミンさんがやれというのでフレッチング対策に端子と電池にベビーオイルを塗っておきました。

いわゆる鉱物油ですね。

成分がミネラルオイルのもので余計なもの入っていなければ何でもいいかと。

もういっそ充電式の蓋開発して下さいよガーミンさん…電池4つとか面倒です…。

 

今回のpwrは3.1ちょっとだったのですが、タイムは遅いわ暑くてフラフラだわで散々でした…。

最近ローラーも実走もさっぱりなので時間とモチベーション何とかしようと思います。