プロジェクターのある生活 for ZWIFTER その1

プロジェクターの購入を決意

Stay Home状態になる前からTACX Neo&ZWIFTでローラー生活を送っていたので、外を走れないストレスは何とかなってはいたものの、乗る時間が増えれば増えるほど環境に不満が出てくるというもの。

部屋は替えましたが、我が家のローラー環境は概ねこの時まま。

モニターは10年超えの為、ベゼルは極太、左モニターの電源ボタンが効かなくなり、重量もあるということでこれをプロジェクターにすればスッキリ大画面で臨場感最高では!?と思った次第です。

機種を選ぶ

本当は連休前に購入し、連休をローラー三昧!といきたかったのですが、安くはない買い物…慎重に検討しようと思っていたら連休が終わりました…。

 

ポイントは、

  1. ホームシアター用途ではなくあくまでメインはZWIFT
  2. スペースの都合、壁に直接投影予定なので、画質や色にそれほどこだわりはない
  3. 投影面積は最大250cm×190㎝=120インチ弱確保可
  4. 最低でもFHDは欲しいところ、理想は4K
  5. 設置位置と距離に制限あり
    (天井吊りNG・ローラー台より前に置けないと影になる可能性があるが、そもそもローラー台が場所をとっている)
  6. できれば明るい方がよい
  7. できれば応答速度は速い方がよい
  8. 予算はあまりかけたくない

候補に挙げたのは次の機種達。

 

まずはEPSONの2機種

国内メーカーで交換レンズもリーズナブル、更に魅力的なのは縦横の補正があること。これにより、スクリーンに対して正面以外に設置したとしても四角く投影することができるとの事で設置場所の問題は解決できそう(ただし最大サイズで映すとなると壁から273㎝を確保しないといけない)
とりあえずTW650が予算的にも範囲内。

次にBENQ

今の液晶モニターBENQだったり、仕事でここのプロジェクターを使ってたりするのでなんとなくイメージがわく。
TK800Mは4Kの割に値段もそれ程高くなく、更にセールをしていたので一瞬勢いでポチりそうになるも、よく見ると横補正がないので投影距離が厳しそう…。
TH671STは単焦点&値段も手ごろなので良さそうです。

 

最後にViewSonic

X10-4KはLEDで高寿命、単焦点の4Kとほぼ理想…だったのですが完全に予算オーバー。

PX706HDは単焦点なので設置に関しては問題なさそうで、ゲームモードがあるのもポイント。

 

最終的に…

TH671STとPX706HDがほぼ同スペックだったのですが、PX706HDに決めました。

上を見たらきりがないので、最終的に焦点距離と値段が決め手です。
この記事を書きながら改めて細かく見るとコントラスト比が上だったりUSB端子がついていたりと悪くない選択だったと思いたいですし、ポイントもついてかなりお安く買えました(最初に安くない買い物とか書いているのに、調べすぎて感覚がマヒ)

即日発送ですぐに届いたので、次回は設置編の予定。